絵を描くたった3つの手順

多くの人から「絵は難しい」「絵が描けない」という話しを聞く。でも、あなたの手が不自由ではなければ(たとえ多少不自由があったとしても)絵を描くのは、実は難しいものではない。それが証拠に文字を書けない小さい子供でも絵は描ける。
 
誰もが小さい時は、自由に絵を描いたことだろう。いつから絵が描けなくなったのだろうか?小学生だろうか?中学生だろうか?描けなくなるタイミングは人それぞれだけど、多くは人の目を気にし始める頃である。他の人よりもうまく描けない。絵が下手で恥ずかしい。という気持ちが「私は絵が描けない」という結論を導くようだ。
 
要するに「上手に描けない」から絵が描けないと言っている人がほとんどだ。しかし、「絵が上手」という定義はなんだろうか?本物そっくりに描けるってことだろうか?それは大事だけど、無理して描かなくとも写真に撮ったっていい。マンガとかアニメとかそういうの絵が好きなのかもしれない。それこそ千差万別で結構絵が乱れてる人もいる。「絵が上手」の定義は人それぞれだ。
 

文字をちゃんと書ける人ならば、手を動かせば、丸も四角も描けるだろう。そもそも、絵を描くとは、この基本的な形を、組み合わせたものと言ってもいい。あなたが「絵を描けない」というのは思い込みである。絵を描く素養はある。もし、描けないとすれば描く方法を知らないだけだ。
 
ただし 、一般に誰が見ても「整った絵」「美しい絵」を描くのはテクニックが必要になる。ここで語りたいのは、手先が器用だったり、テクニックが無くても、絵を描ける方法である。もちろん、より美しい絵を描けるようになる為の基礎となる考え方でもある。
 
そもそも絵を描くというのは、コミュニケーションの1つである。話したり、文章を書いたりすることと同じ相手に意思を伝える手段である。故に上手な絵とは「意図が相手に伝わる絵」と定義したい。
 

話しは変わるが、僕の中学生の息子は絵を描くのは苦手である。この夏、宿題でポスター制作の課題が出た。これを手伝う中で、絵が描けないのは、絵を描く手順を知らないだけだと気がついた。そこで僕と息子の会話を題材として、絵の描き方を説明していきたい。
 
絵を描くの手順は以下の3ステップだ。
1.何を伝えるか決める
2.どう表現するか決める
3.自分のできることをやる
 
まず最初に考えなければならないのは、「誰に何を伝えるか?」ということだ。描く目的と言ってもいい。あなたは、いつも「何を描くか?」から考えてしまうのかもしれないが、それは後回しにした方が良い。
 
息子の宿題のテーマは、「未成年の喫煙防止」ポスターだった。

まずはどういう絵にしたいのか、描かせてみる。息子は、早速、下書きの紙に吸いかけのタバコを真ん中に置いてその上にバツを描いた。

 

僕「ちょっと待て息子よ、それでは、「ここではタバコを吸ってはいけません」というポスターに見えるよ」
息子「何がだめなの?」
僕「この絵は、タバコを吸ってはいけないということは辛うじて伝わるけど、未成年が吸わないように防止したいという要素が抜け落ちてる」

 

参考資料の調査では、タバコを吸うきっかけで多いのが「友達に勧められたから」というものなのだそうだ。
まだ、吸ったことがない同級生が、悪い友達から誘われた時に、このポスターを思い出して踏みとどまらせねばならない。では、どうしたらそうなるのだろうか?

 

僕「タバコ吸ってみろよ、って友達に言われたらどうする?」

息子「嫌だ」

僕「何が嫌なの?」
息子「煙いから嫌だ」
僕「でも、友達が良いものだと言うんだよ?」
息子「うーん、、一人の友達に、好かれても、ほかのみんなから嫌われると思う。それは嫌だ」
僕「なるほど、それはいいね。気持ちが伝わりそうだ」

 

というわけで、「タバコを吸うと友達に嫌われる」ということを、クラスの皆に伝える絵を描こうという方針に決めた。
 
伝えたいテーマがなければ、いくら上手に描いても何を言いたいのかわからない。伝わる絵を描くには、見た人にどう感じてもらいたいか?ということを明確にする所から始まるのだ。
 
次に、「どう表現するか決めていく」

最初に考えたような、タバコを中心に描くというのでは、うまくいかない。タバコを吸う人が嫌われるシーンを描くのだから、人が中心になるはずだ。タバコを吸う1人ぼっちになるという印象を出すためにはどうするのかを考える。

 

僕「ひとりぼっちとは、どんな状態?」
息子「多分、近くに友達が居ないってことだね」
僕「でも、本当にひとりだと嫌がられるいうことが、よくわからないね」
息子「仲間外れになると良い」
僕「そうだね、友達が遠巻きにしてるという構図が必要だね、じゃ、仲間って思うのは、何人くらい必要だろうか?」
息子「3人くらいかな、、」
僕「そうだね、そうすると、タバコを吸ってる1人を加えて、合計4人描けば良さそうだね」

息子「そうだね」
僕「では、3人と1人はどうなってたら嫌われてるように見えるかな?」
息子「ちょっと離れてる」
僕「そうだね、距離が近いと同じ仲間になる。でも、距離を離すと真ん中に大きなスペースができちゃうね、、」

息子「友達は遠くにいるから、小さく描いたらどうだろう」

紙の大きさの都合もあるから、ここでは距離が離れてる感じを、人の大きさの大小で表現しよう。

 

伝わる為には、それを見る人が感情移入できる、共感しやすい場面を考えることだ。今回は、いくつものアイデアを検討する所は割愛しているけれど、絵を描く時に一番時間をかけるべきなのは、この描く場面を検討するところだ。何をどう配置したら、もっとも早く伝わるのかをよく考える。これが決まれば、絵を描くのは8割がた終わったようなものだ。

 

では、いよいよ描き始めよう。そこで大事なのは、「自分のできることをやる」ということ。
まずは、不必要なものは極力省く。
僕「じゃ、4人を描いてみよ」
息子「僕、描けないよ、棒人間でいい?」…4人描く。
僕「悪くないけど、肝心なタバコを吸ってることがよくわからないね。これ、手足いらないんじゃないかな?面倒そうなのは描くの止めちゃおう」
というわけで、丸い頭と四角の胴体を組み合わせてみる。それはまるで「こけし」だ。それで十分だ。むしろ表情は大きく表現できる。
 
この人の顔を正円で表現する場合、フリーハンドで描きたいなら、一定期間の鍛錬は必要になる。しかし、コンパスを使えば、あなたでも簡単に正円を描くことができる。そのように、無理せずにやれることをやればいい。あとは、よく使われている表現を引用する。


僕「まわりの友達は、どんな表情をしていると思う?」
息子「嫌がってる」
僕「それはどんな顔だろうか、笑ってはいないよね?」
息子「煙くて怒ってる。あとは辛くて悲しんでる。とか」
僕「目は斜めの線で表現できる。目尻をあげると怒った目だ。悲しい時は涙が出る。口はどちらもへの字になるだろう」

息子「こんな感じかな」…円の中に描く。

僕「じゃ、タバコを吸ってる人はどうだろう?」
息子「目が死んでる」
僕「いいね、でもそれは、どうやって表現するんだろう?」
ネットで「目が死んでる人」で検索すると、三白眼っぽい表現を目が死んでると表現しているようだ、これを借用しよう。

 

あとはパーツの位置関係、自分の顔写真を撮ってパーツの配置を確認してみる。

息子「思ったよりも目の位置が低いかな」

僕「さっきは顔の中心には鼻があるように描いていたけど、実は目の位置が真ん中あたりにある」

息子「わかった」…修正する。

絵は位置関係とか面積などバランスを合わせと、それらしく見えてくる。

ネットにも素材はいくらでも転がっている。最初はそれを真似をするのでも良い。「真似はいけない」という意見があるかもしれないが、絵が描けないと嘆いているレベルのテクニックでは、いくら真似をしてみても、他人から見たら、似ても似つかないオリジナリティある絵になっていることだろう。

 

という訳で、息子の宿題は、この後の色塗りまで、すったもんだしながら1日がかりでなんとか終わらせることができた。

 

文学的な表現ができなくても、誰でも意思を伝えることができる。同様に、絵は意思を伝える手段だとすれば、どんなに稚拙な表現だとしても、伝われば問題はない。その為には、最初は面倒でも3つの手順を守った方が良い。すぐに慣れて意識しなくなる筈だ。

 

なかなか思うようにいかなくて、自分では満足できる出来でなかったとしても、勇気を持って誰かに見せてみよう。SNSで公開しても良い。何度も描いていれば、自ずとテクニックもついてくる。下手なら下手なりにあなたの個性だと思えば良い。絵を描くことは、そんなに難しい事ではない。絵が苦手なんて思わずに、あなたも明日からチャレンジしてみて欲しい。

どの山を登るのかという話

前回、自分の望みが叶うことを、人生の成功と定義してみました。では望みを叶えるためにやらなければならないことはなんでしょうか。そもそも望みが叶う方法なんてあるのだろうか?

 

僕は、人生の道のりを山登りに例えて話すことが多い。登山は周囲との協力と自分との戦いである。それが人生に似ているように思う。そして、あなたがやるべきことは、次の3つのことだ。

1.どの山を登るか決める
2.山頂までのルートを選ぶ
3.自分の力を信じて進む

 

この3つをもれなく実行すれば、必ず望みは叶います。僕のこれまでの失敗要因を考えた時、この3つのどれかが欠けていたということである。いつも迷ったり、悩んだり、クヨクヨしたのも、結局の所、この3つを曖昧にしていたからに過ぎない。そして、たまたま、3つが揃ってあきらめなかったことだけが結果につながったのだ。

 

では、順に解説していこう。

まずは、「どの山を登るか決める」
何よりも大事なのは、あなたは何を成したい思っているのか?を明らかにすることだ。

極端な例かもしれないけど、エベレストに登るのかと、富士山に登るのと、高尾山に登るのと、では、やることなすこと、全て違ってくるのは明白だ。達成するまでの時間も変わってくる。だから、いくつも登りたい山があったとしても、どれかに絞らなければならない。順番に登るのでも構わないが、一度に登れるのは1つの山だけだ。

エベレストなんてとてもとても、今からじゃ無理だよ、とあなたは言うかもしれない。でもエベレスト登頂の最高齢は、日本の三浦雄一郎さんの80歳である。大きな望みを叶えるには、もちろん大きな困難も待ち受けているだろう。でも諦めなければ、いつかチャンスをものにできるだろう。たとえ他人に荒唐無稽だと笑われようと、望まなければなにもはじまらない。

 

次に、「山頂までのルートを選ぶ」

登る山を決めたなら、その準備を始めよう。どんなルートで登るのか?計画を立てる必要がある。

前人未到のルートを辿るのは偉業として讃えられるかもしれないが危険も大きい。他の人が切り開いた道ならば、その先人の知識を活用できる分、危険を回避して安全な道を行くことができる。

 

どうやって登るのか?仲間と登るのか、単独登頂なのか?では、準備することが大きく変わってしまう。どのくらいの機材にどのくらいの食料、どのくらいの人数、そしてどのくらいのお金をいつまでに集めるのか?やり遂げるために、どんな訓練をして、どのような能力をもっていなければならないのか?

 

いつ登るのか?も大事だ。半年後なのか、一年後なのか、必要なものの手配やら、自分の能力を冷静にみて決める必要がある。あまりに短期間では無理をして失敗するのがオチだ。でも、長すぎる期限はも考えものだ。

 

「石橋を叩いて渡る」という諺がある。壊れなあはずの石橋を叩いて安全を確かめる様子から、用心の上にさらに用心を重ねて物事を行うこと、を意味する。このことは、重要なことだ、無計画に進んだら失敗する。でも、なかなか渡らなかったら、叩きすぎて壊れてしまうこともある。

 

最後は、「自分の力を信じて進む」

 周到な計画を立てるのは大事なことだけど、最後は自分で歩き出さなければならない。最初の一歩を踏み出さなければ、いくら綿密に計画を立てようとも実現することはない。まだ準備が整わないと出発を、明日に明日にと先送りしていたら、永遠に山頂にはたどり着かない。

 

計画どおりにものごとが進むとは限らない。予定外のことに惑わされたり、途中で道に迷ってしまうことだってある。それでも望みを持って歩き続ければ、きっと山頂が見えてくる。霧の中に居たら少し立ち止まって様子を見ても良い。天候が悪くて下山することになったとしても、また次のチャンスを待てば良い。諦めなければ失敗ではない。失敗に学んで、より良いやり方を見つければ良い。経験を積むことで、もっと歩きやすいルートを見つけたり、よい仲間に出会えるかもしれない。

 

 あなたの人生はあなただけのものだ。あなたが望まなければ叶わない。だからこそ、あなただけの望みを持つこと。それを叶えるためには、どのような道筋で、どんな努力すればいいのか冷静に考えること。そして自分を信じて歩き出すこと。その3つで成功への道筋が開ける。人生は一度きりで、時間には限りがある。自分を信じて、頂上を目指して一歩一歩、着実に歩みを進めて欲しい。

 

一期一会という話

どうしたら、人生うまくいくのだろう、もし、失敗に法則があるとするならば、成功にも法則があるはずだ。成功を語るには、何を持って成功とするのか?その定義をしておかなければならない。

 

そもそも人生における成功とはなんだろう。お金持ちになることだろうか?有名になることだろうか?

 

 仮にそうだとしたら、具体的に、いくら稼いだらお金持ちなのだろうか?どのくらいのお金を持っていれば成功と言えるのだろうか?どこまでも上には上がいるのではないか?世間に名前を知られているのが成功だとしたら、どのくらいの人たちに知られたら成功なのだろうか?もし、手っ取り早く名前を知られたいなら、(不謹慎ながら)大きな犯罪を犯せば大きく報道されて、国民全員があなたの名前を知ることなるだろうが、それを成功と呼べはしないだろう。

 

お金も名声も成功そのものではなく、成功を目指した時に得られる副次的な成果のひとつに過ぎない。何かを成し遂げたからお金を得たのか、何かを得たいが為にお金を貯めたのか?多くの人を助けたから名前を知られたのか、その人の芸事や生き方が魅力的で多くの人から共感を得たのか?それは人によって異なるだろう。しかし、お金や名声を得ることを目指した訳ではなく、何か望みを叶えたいと努力した結果だろう。

 

そう、あなたに何か叶えたいことがあって、それを成し遂げられた。とあなた自身が感じた時、あなたは人生が成功だったと感じるのではないだろうか。その望みは、他人から見たら些細なものかもしれない。でもそれだっていい。あなたの人生はあなただけのものだ。

 

成功した他人の人生をうらやんでみても、人は自分の人生から逃れることはできない。結局、自分の望みが叶うこと、思い描いていた自分になれることが、人生における成功と言えるのではないだろうか?

 

何かを望んでも叶うとは思えない。私は運が悪いから、何もできないから、今のままで十分だ、望みはない。というなら、それも良い。でも、否応なく毎日がやっきて時間は過ぎていく。何も望まずに生きることの方が難しい。それに、あなたが人生になにを望むのも自由である。誰かの承認が必要なわけではない。

 

宝くじは買わなきゃ当たらない、って言葉があるけれど、人生もまた望まなければ叶わない。どんな小さな望みだって、叶ったら嬉しい。それが大きな望みなら、たとえ時間がかかったとしても、叶ったと時には、大きな達成感を感じられるだろう。

 

因みに、あなが宝くじで望みを叶えようとしたら、ジャンボ宝くじの1等当選確率は1000万分の1だそうだ。これは10個のサイコロが10回同じ目を出すのと同じくらい希なことだそうだ。宝くじは買ってもいいけど、人生の望みを叶えるなら、もっと別の方法を選んだ方が懸命である。

 

人生は「一期一会」だ。一期一会とは、茶道由来の言葉で、出会いの機会は一生に一度きりで繰り返されることはない。という意味である。人生は一度きりなら、思い切り大きな望みを持たなきゃ勿体無い。望まなければ叶わない、そして叶わない望みは無い。そして望みが叶った後の満足や達成感を得るのは、望んだ人だけの特権である。

 

あなたの一度きりの人生を、大きな望みを持って上向きに生きるのも、望みをもたず下向きに生きるのもあなた次第なんだ。そしてあなたが、自身の望みなら自覚的であることが人生を成功に導くことを知っておいて欲しい。

 

人生は限りがあるという話

人生が80年のマラソンだとしたら、今、僕は折り返し地点を過ぎた所にいる。人並みに仕事に就いて、家族もいる。大きな不満がある訳では無い。でも若い時に思った、なりたい自分になれたのか?と問われれば、まだまだ辿りつけてない僕がいる。

 

これまでの人生の歩みの中で、僕は大小数多くの失敗を重ねた。失敗と言えないまでも、回り道をして無駄な時間を過ごしてきたと思う。自分の人生に後悔はしていないけど、若かった僕に、伝えられるものなら、伝えたいことがある。それはとても単純なことだ。

 

 「人生とは有限であるということ」

 

人生が有限なんて当たり前じゃないか、人はいつか死ぬんだと、あなたは言うかもしれない。でも、そのことに本当に自覚的であったかというと、どうだろう?少なくとも僕には自信がない。

 やりたいことがあっても、なんとなく気が乗らない、ほかのことをして誤魔化してしまう。「明日から頑張ろう!」ってセリフはそれを如実に表している。どんな些細な事だって、明日始めるのでは遅い、今すぐやらなくちゃ間に合わないんだ。


そのことを痛切に感じたのは、最近、とても大切に思っていた部下が相次ぎ会社を辞めることになったことだ。「手塩にかける」とは言い過ぎかもしれないけど、大きな期待をかけていた。辞める理由はそれぞれに叶えたいものが違うから、ということであり、それは歓迎すべきことだし尊重しなければならない。でも、僕の一方的な思いで相手は望んでいなかったかもしれないが、一緒にやりたかったこともあった、もっと伝えたいこともあった。でも、それは叶わない望みだ。

 

誰もが漠然と今日は昨日の延長で、明日も変わらない一日が待っていると思っている。でも、それは大きな勘違いだ。昨日よりも今日は一日歳をとっている。昨日とほとんど同じように見えても、少しだけ変わっているのだ。その些細な毎日の積み上げが、人生に他ならない。明日も同じ日が来るとは限らない。

 

一日ではピンとこないかもしれない。それなら、一年後、あなたは何を望むのだろうか?来年には、もっといい仕事をしたい、やりたいことにチャレンジしたい、誰か好きな人を見つけて結婚したい。なんでもいいけど、それを達成したいと思ったら、今何をすべきか考えて、すぐに行動を変えなければ、何も変わらない。

 

来年は今年と同じではない。もしかしたら、良いチャンスが巡ってくるかもしれない。新しい出会いがあるかもしれない。でも、それと同じか、それ以上の確率で、今より体調が悪いかもしれない、今よりも状況が悪くなっているかもしれない。変な人につかまるかもしれない。

 

人生は、あなた一人だけのものではなく、周囲との関わりの中で起こる出来事から成り立つ。周りの人たちとの関わりを避けられないし、時間が経つと周囲は否応もなく変わっていく。あなたを見る目も関わりも変わっていく。

 

その中で、自分の望みを叶えるためには、まず自分が変わる事で、周囲との関わりも自分の望む方向に変えていかなければならない。自分が変わり、周囲が変わる。その後にやっと望みが叶うのだとしたら、望みを叶えるためには、否応なく時間が必要だ。そして大きな望みほど、必要とする時間は大きくなる。

 

大きな望みではなく、小さな望みなら短期間で叶うかもしれない。しかしそれが、大きな望みを叶える道程にないのなら、小さな望みを捨てて大きな望みをとることを選ばなければならない時もある。だから、大きな望みを曖昧にして、やりたいことを誤魔化して、小さな望みを叶える行動をとっていると、本当は叶うはずだった大きな望みを取り逃がしてしまう。たとえかなったとしても、最初の思いよりもずっと小さなものになってしまう。そうなってから気づいても遅い。

 

人生は有限である。時間を有効に使わなければ、本当にもったいない。自分を信じて、自分のやりたいことに素直に、自分のことを冷静に見つめて、適切に選択をしていけば、必ず道は開ける。叶わない望みはない。僕が手にしたかった成功への道を、あなたが早く手にして欲しいと切に願っている。

 

 

 

 

 

 

失敗を書き残しておこうという話

昔から、話すのは得意だった。「いろんなこと知ってるね」とか、「面白いね」と言われて喜ばれた。

人と話すのは、今も大好きで、人の顔を見れば、いくらでも話したいことが出てくる。相手を見ながら話しをするのは刺激的で、新しい視点やアイデアが得られることもある。だから、一晩中でも喋り続けられる自信もある。

 

しかし、文章を書くのはとても苦手だ。今、こうやって書いているのもしんどいなあ、やめたいなあと思っている。ちょっと後悔してるのかも知れない。

それでも書かなければいけない、なんとか外に出さなきゃいけない、と思ったのは、一人一人と話しをするのでは、時間が足りなくなってしまうと感じたからだ。

 

45歳を過ぎて、大した名声を得たわけでもなく、ありきたり人生だとは思うけど、人並みに迷ったり、悩んだりしながら、僕なりに懸命に生きてきた。

ささまざまなタイミングで、都度選択をして今ここにいる。その時は最善の選択だと信じて行動したけれど、その選択が正しかったのか?自分の人生をより良い方向に導いたのか?と問われると全く自信がない。行き当たりばったりで、やるべきことから目を逸らしたばっかりに、随分と遠回りをしてきたと思う。幸いなことに、ささやかながら、夢が叶ったと思うこともあった。その過程では、僕の中でのかけがえのない出会いや、喜びを分かち合う瞬間にも出会えた。

 

こんな人生の中で、僕が伝えられることと言ったら、華やかな成功ストーリーであるはずもなく、失敗したことくらいだ。

あの時こう考えていたら、こんな行動をしていたら、もっと違った人生があったかもしれない。そして、その選択のタイミングで、誰か先に教えてくれたら、こんな失敗はしなかったかもしれないのに。そうしてくれる人がいなかった。一方、そういう人が僕に助言してくれていたとしても、その頃の僕が聞く耳を持っていたかは甚だ疑問でもある。

 

 「失敗は成功のもと」という諺の意味は、失敗の原因をきちんとして、後に活かせば成功につながる、とそんな意味らしい。僕の失敗を伝えることで、誰かの失敗を未然に防ぐことができるかもしれない。失敗を語ることが誰かの成功の一助になるなら、僕の失敗したことも少しは意味のあるものになるのではないか。

 

そんなこと思って話しをしていると、若い頃の僕のとは違って謙虚に聞いてくれる。それで相手によって言葉を選んで時間をかけて話しをしているつもりだけど、一度ではなかなか伝わらない。さらに繰り返すことになる。そして気がつくのは、僕をふくめて、みんなが躓くところは、驚くほど同じだということ。だから複数の相手にも同じ話しを繰り返すことになる。どうせ繰り返し同じ話しをするのなら文書化しておいた方が時間の節約になるというものだ。

 

話していて一つ理解したことは何か?「失敗には法則がある」と言うことだ。その法則を理解していれば、失敗は避けられる。そしてこの法則は裏返せば、どうすれば成功できるかにつながるはずだ。

人生は誰にとっても一度きりである。時間は有限である。僕のように迷走して回り道していてはもったいない。ささやかでも、僕の話が、あなたの成功の一助になれば幸いである。